バレンタインで注目「ルビーチョコレート」 チョコにはお通じ改善や細胞の若返り効果

このページを読むには約2分32秒かかります

バレンタインデイを控え、チョコレートの広告が街中にあふれている。

 好きな人に送る「本命チョコ」、いちおう配る「義理チョコ」までは理解できるが、友達に送る「友チョコ」や自分へのご褒美の「自分チョコ」にいたっては、皇帝の命令に逆らって若者たちの結婚を行い殉教した聖バレンタインもびっくりだろう。

 これまで、チョコレートは「ダーク」「ミルク」「ホワイト」の3つがあった。1930年にホワイトチョコレートが発明されてから、約80年ぶりに「第4のチョコ」が出現した。それが「ルビーチョコレート」だ。

 これまでも、ピンク色でベリー味のチョコがあったが、今回登場したルビーチョコは、天然で淡いピンク色の「ルビーカカオ」から作られていて、着色料は使われていない。

 スイスのチョコレートメーカーのバリーカレボー社が、10年の歳月をかけて開発。日本では、ネスレ日本が「キットカット」の高価格帯製品として、1本400円で登場した。

ポリフェノールが動脈硬化、認知症、脳卒中を防ぐ

 日本では、チョコレートの販売数は右肩上がりで増加している。日本人のチョコ好きは、チョコの味もさることながら、「健康に有益」という情報が一役買っているのではないか。

 チョコレートは体に有益なポリフェノールの含有量がとても多く、100g中に840mgも含んでいる。チョコレートにさまざまな健康効果が期待できるゆえんだ。

 愛知学院大学の大澤俊彦客員教授によれば、動脈硬化、認知症、脳卒中を防ぐ可能性があるという。大澤教授は、愛知県蒲郡市内外の45歳から69歳の347人(男性123人、女性224人)の疫学調査(統計学的手法で病気の起こり方を研究する調査)を行なった。平成26年のことだ。

 この疫学調査によれば、1日に5gのチョコを5枚(150kcal)、4週間摂取してもらった。結果は血圧が低下し、活動的になった。

出典:チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告(株式会社明治)
参考:日本チョコレート・カカオ協会

鈴木奈々さんもアーモンドチョコで美肌に!?

 今年の1月17日に有楽町の国際フォーラムで行なわれたチョコレートフォーラムでは、タレントの鈴木奈々さんが登場して、自らの体験を報告した。鈴木さんは、1日に25gの高カカオチョコレートを2週間食べたら、「お通じがよくなった」という。

 便秘が解消されたことで肌の調子もよくなり、旦那さんに「肌がきれい」と褒められたと喜んでいた。

 その体験を実証するように、帝京大学の古賀仁一郎教授と、慶応大学の井上浩義教授も、チョコレートの健康効果について報告した。

 古賀教授によれば、カカオ分72%の高カカオチョコレートを1日に25g2週間食べたところ、排便回数が増え、排便量も2倍以上に増えたという。さらに、長寿の人の腸内に多くいて長寿菌と呼ばれているフィーカリバクテリウムが増えていた。

 さらに井上教授の行なった実験では、カカオ分70%のアーモンドチョコを1日に8粒、8週間継続的に食べた結果、便通回数と便量が増え、胃腸の状態や肌の乾燥が改善。皮膚の角質(皮膚のいちばん外側にあるある硬い外皮)の水分量も増えていた。

ポリフェノールが細胞を若返らせる

 イギリスのエクスター大学とブライトン大学の研究グループによると、チョコレートのポリフェノールによって、年老いた細胞を若返らせることに成功したという。

 われわれの細胞の中にあるDNA(遺伝子)は、細胞分裂のたびに複製される。しかし、染色体末端粒子である「テロメア」に限っては、すべてが複製されず、分裂のたびに少しずつ短くなっていくという。そして、テロメアが限界まで短くなると、それ以上の細胞分裂は不可能となる。

 しかし、チョコレートに含まれるポリフェノールの一つ(レスベラトロール類似体)を加えると、数時間でテロメアが復活した。つまり、年老いた細胞が若返ったのだ。

 チョコを食べて、そんな健康効果をかみしめて、じっくりと味を楽しみたい。

出典: HEALTH PRES バレンタインで注目「ルビーチョコレート」 チョコにはお通じ改善や細胞の若返り効果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA