過食症治療薬(一般名:マジンドール)による病院ダイエットの情報提供について

このページを読むには約1分12秒かかります

当院では長年に渡って過食症治療薬(一般名:マジンドール)を病院ダイエットの一環として処方してきました

既存の患者さんたちは覚えていらっしゃるかと思いますが、2015年10月に東京港区にあった「アーバンライフクリニック六本木」(すでに閉院)が約1万8千錠を中華人民共和国籍の3人に横流しして逮捕された事件が起き、注目を集めました

そして2016年8月、福岡県大野城市下大利にあった「あおぞら薬局」(すでに閉店)が約2万錠を少なくとも9人以上の中華人民共和国籍の客に医師の処方箋なしに販売していたとして逮捕された事件がありました

特に後者は隣町で起きた事件だったので重く受け止め、当院も同薬の院内処方を一時自粛していました

と言うのも、当院も数年前に九州厚生局 麻薬取締部の捜査が入り、数千に登る過食症治療薬の納入履歴と処方履歴を3日間かけて照会させられ、劇薬指定の向精神薬のみをダイエット目的で処方するのは望ましくないと指摘を受け、高脂血症治療薬との併用で対応していました
このあたりは過去に当院の過食症治療薬処方ページをご覧になられたことのある方はご存知のことと思います

そして去る2017年5月17日に再び九州厚生局 麻薬取締部 捜査二課の抜き打ち捜査が当院に入り、5月22日に誰でも閲覧可能なホームページ上で過食症治療薬の商品名、画像、ならびに費用や効果効能を掲載しないよう指導が入りましたので、当ホームページ上で一般の方や患者さん向けには過食症治療薬の情報提供を差し控えることとなりました

院内処方は継続して行いますが、劇薬指定の向精神薬に分類される処方薬であるという特性上、ホームページ上はもちろんのこと、お電話などでも費用や効果効能などをお伝えすることは差し控えさせていただきますので、病院ダイエットをご希望の方はご来院の上、担当医師に直接相談いただきますよう、よろしくお願いします

ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA