サノレックスは覚せい剤?

このページを読むには約1分25秒かかります

Q. サノレックスは覚せい剤に似ていると聞きました

サノレックスを検討しているので質問させてください。

サノレックスについて調べていると依存症になる危険性やダイエットサプリに比べると副作用が大きいと書かれています。

私の友人もサノレックスは覚せい剤みたいなもので飲むとシャブ中みたいになるからゼニカルの方が良いと言われました。

そちらではゼニカルは取り扱ってませんか? また覚醒剤みたいとはどういうことなんでしょうか? 危険性はありませんか? よろしくお願いします。

A. サノレックスは覚せい剤の一種に薬理学的特性が似ている劇薬です

サノレックスの主成分”マジンドール”はアンフェタミンという覚醒剤と化学構造が似ています
簡単に言うと、中枢神経に直接働きかけるところまでは同じで、マジンドールは食欲とカロリー消費に作用し、アンフェタミンは多幸感に作用するという違いがあります
ただ、中枢神経に直接働きかけるという点が似ているため取り扱いに注意が必要な劇薬に指定されています

副作用については国内の症例調査で0.1%~5%未満の睡眠障害と7.1%の口渇感が報告されています
当サイト内「副作用は危ない?」にも記載していますが、効果(メリット)があれば必ず副作用(デメリット)があるものです

例えば国土交通省は「一生のうち、乗り物に乗って交通事故に遭遇する確率は53%」と報告していますが、車がなくなることはありません
なぜなら「一生のうちに53%の確率で交通事故に遭遇するというデメリット」よりも「自由に移動できる、目的地に早く着く、物を運べるというメリット」のほうがはるかに大きいからです

サノレックスも同じで「5%未満の睡眠障害と7.1%の口渇感」よりも「食欲を抑え、カロリー消費を上げることで体脂肪を減らせる」というメリットのほうがはるかに大きいから医療用医薬品として厚生労働省が認可しているのです

100%交通事故を遭わないと公言するドライバーはバカかウソつきですし、100%交通事故に遭わないという車は存在しないように、副作用がなくてダイエットに成功できる物質は地球上に存在しないと断言できます

またゼニカルは「服用中は日常生活に支障をきたす可能性が高い」との理由で認可されていない国内未承認薬ですから、当院では取り扱っていないのです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA