プラセンタの賢い打ち方

このページを読むには約1分51秒かかります

Q. はじめまして。
体質改善のためにプラセンタ注射を定期的に打ちたいのですが料金は色々と種類があるようなんですが打ち方とかペースとかが載っていなかったので質問させていただきました。

筋肉注射と静脈注射は効果が違うのですか?

以前通っていた病院では1アンプルを週二で打つよう言われてたのですが1アンプルはやってないんでしょうか?

どのくらい続けると効果を実感できますか?

ご回答の方よろしくお願いします。

A. まず、筋肉注射と静脈注射の違いについてお答えさせていただきます。

筋肉注射は文字通り筋肉(当院では主に肩の三角筋)に注射するのですが、筋繊維内に貯まったプラセンタ成分がゆっくりと時間をかけて毛細血管を伝って全身に巡ります。
口語的な表現をするならば人体の浅い部分に効果的ということで、主に美容目的に適しています

静脈注射は主に肘の内側を通る正中皮静脈から注射するのですが、ダイレクトに静脈を伝って内臓に届いてから全身を巡ります。
口語的な表現をするならば人体の深い部分に効果的ということになり、主に体質改善目的に適しています

長く通ってる患者さんには静脈注射一筋!筋肉注射一筋という方もいらっしゃいますが、大半はその時のコンディションで静脈注射と筋肉注射を使い分けてる方々です。
体質改善が目的であれば静脈注射の定期権から始めることをおすすめします。

続いてアンプル数についてお答えします。

当院は予約不要で日曜日以外は全日診療を行うなど、患者さんの利便性を一番に考えて診療を行っていますが、それでも「病院通い」はストレスにつながりやすいものです。
そこで通院の場合は週一ペースがストレスにならない最短間隔であろうと定義し、筋肉注射を2~3アンプル、静脈注射を3~5アンプルとしています。

提携する美容外科クリニックのドクターらとの経験則から言うと最初の4週間は2アンプルを週二で打ち、5週目以降は2アンプルを週一というのが理想的となっていますが、週二の通院が面倒になって辞めてしまう。 辞めてしまって気まずいのでプラセンタ注射を諦めてしまうというパターンが多いようなので、当院では最初期から週一ペースで続けてもらえるようにしています。

最後に実感についてお答えします。

プラセンタ注射の効果とは成長ホルモンと人体の原材料であるという特性からなるものです。
よって実感は年齢に比例すると考えてください。 当院が23歳未満に対してプラセンタ注射を実施していないのは平均的に23歳までは成長ホルモンを自己生成できるとされているからです。
二十代の患者さんで初回から実感をされる方は少なく、数週間後に肌トラブルの改善や化粧乗りで実感するという方がほとんどです。
また三十代半ば以上の患者さんだと寝覚めの良さなどで翌日に実感される方も少なくありません。

併せてこちらにも目を通していただけたら幸いです。

プラセンタがスゴい理由①

プラセンタがスゴい理由②

プラセンタがスゴい理由③


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA